虫歯になりやすい体質はあるのか

虫歯になりやすい体質はどんな体質か

虫歯になりやすい体質はあるのか

人が生まれたばかりのとき、口の中には虫歯菌はいません。 でも、残念ながら成長につれて感染してしまいます。 両親や祖父母からの、スプーンや食べ物を共有することで唾液によって感染しているのです。 両親も虫歯が多いから、子供も虫歯が多くなったと勘違いされがちですが、遺伝ではなく感染により虫歯菌は発生しています。

歯磨きの効果

普段おこなっている歯磨きですが、実際、歯磨きを毎日しているのに虫歯になってしまって困るという方も多いのではないでしょうか。 逆に、歯磨きをしてないのに虫歯にならないという方もいらっしゃるでしょう。 虫歯菌に対して歯磨きは効果があるのか、虫歯菌の撃退方法はあるのかまとめてみました。

虫歯と歯周病は違うのか

口の中の細菌が原因なのは、虫歯も歯周病も同じです。 違いは、虫歯は虫歯菌が酸を作り出して歯を溶かした状態のもので、歯周病は歯を支えている歯槽骨がとかされている状態です。 虫歯は、早い段階で痛みなどの症状がでますが、歯周病は、かなり進行してひどくなってから、腫れや痛みがでてきます。

虫歯は感染症

虫歯になりやすい人なりにくい人がいます。
親が子に毎食後ちゃんと歯磨きをさせて、小さい時は仕上げ磨きもしっかりしていたのに子が虫歯になったとき、虫歯は遺伝的なものなのかと思ってしまいます。
しかし実は違います。
そもそも、虫歯の原因となる菌は後天的な感染によるものなので遺伝ではないのです。
出産前に、両親が虫歯の治療をして綺麗な口内環境だったとしても、過去に1度でも虫歯の経験があれば、もともと持っている虫歯菌がいなくなったわけではないので菌は存在します。
最初は、どんなに虫歯だらけの両親から、赤ちゃんが生まれたとしても、赤ちゃんの口の中には虫歯菌はいません。
虫歯の原因は、赤ちゃんが可愛くてキスをしてしまったり、食事で食器や食べ物を共有したときに、大人から赤ちゃんに後天的に感染してしまうものです。
なので、赤ちゃんの免疫機能が安定してくる2歳半までには、注意が必要です。
虫歯菌への感染が遅ければ遅いほど虫歯になる可能性も低くなります。

他に、虫歯菌以外の原因としては、歯の質が関係してきます。
さすがに、歯の質は遺伝かと思いますがこれも違います。
そもそも遺伝するのは、歯の大きさや骨格といった体格的要素です。
なので、歯の形や並びなどは、家族と似る食生活や生活習慣の環境の影響になります。

間食が多かったり、寝る前に食事をしたり、柔らかいもの中心の食事は虫歯になりやすい原因です。
また、指しゃぶりや、頬杖、口呼吸などのくせがあると歯並びに影響してきますのでこれも虫歯の原因になってしまいます。