体の酸化防止が老化を防ぐコツ

 

40代からの体の変化の大敵の1つが「活性酵素による体の酸化です。」

酸化とは体が錆びることです。

 

40代に突入すると体に錆びがでてしまいます。

これは鉄が長い間、外に放置されていると錆びてしまう現象と一緒で酸化してしまうために起きるんです。

 

 

体は必要なエネルギーを食物から取り入れ、それを酸素を反応させて燃焼させます。

このエネルギーを作り出す行為で発生するのが活性酵素です。

 

この活性酵素は体を傷つけます。

その行為により細胞が死んだり、働きが低下したりと十分な働きができなくなってしまいます。

活性酵素が体を錆びさせてしまうんです。

 

 

活性酵素を大量に発生させない

 

活性酵素はわたしたち人が生きている限り、その発生を防ぐことはできません。

ですから発生を防ぐことはできませんが、発生を抑えることはできます。

 

 

喫煙することをやめる、アルコールを大量に摂取しない、激しい運動をしない、ストレスを過度に感じない、食べ過ぎないといったことが活性酵素を大量に発生させないコツです。

 

日々の生活習慣を規則正しくすることで活性酵素の大量の発生を抑えることができるんですね。

 

日常の生活の中で工夫次第で減らすことは可能です。