虫歯になりやすい体質はどんな体質か

>

歯磨きの効果

このコラムをシェアする

歯磨きしても虫歯になる

毎日歯磨きを同じようにしていても、虫歯にならない人となる人がいます。
同じように綺麗に磨けていると仮定して、なぜ虫歯になるならないの差がでるのか調べてみました。

糖分が含まれた物をゆっくり時間をかけて食べることで虫歯菌はそれを餌に元気になります。
そして虫歯菌は歯を溶かしてしまう酸を作り出して虫歯を作ります。
また、口腔内菌叢のパターン形成は、生後1歳7ヶ月くらいから2歳7ヶ月くらいの間にされますので、家族みなさんで気をつけてあげることが大切です。
唾液は、食事のあとに、口の中を中性に戻す力がありますので、たとえ虫歯菌が酸を作ってしまったとしても、唾液の量が多ければ虫歯を防げます。
歯の質についてですが、エナメル質・象牙質・セメント質でできていてとても硬い物質ですが、歯の形成のときにエナメル質や象牙質が不足していたりすると虫歯になりやすい歯になってしまいます。

虫歯菌を定着させない

虫歯菌が口の中に存在すると、どんどん増えます。
大量に唾液がでて、食生活にも気をつけていたら虫歯にはなりませんがなかなかそうもいきません。
なので、その補助手段として、私たちは歯磨きをします。
しかし頑張って毎日歯磨きをしたとしても細菌学的には、あまり意味がありません。
虫歯菌が、歯について増え出すといくら磨いても意味はなく、そのうち大きな虫歯になっていきます。
虫歯菌が歯についてから、大きな虫歯になるまでは、かなりの時間がかかります。
なので、虫歯治療は早期発見で治療することがおすすめです。
小さな虫歯は、痛みもないので自分では気が付きません。
痛みなく安く治療を終わらせるためにも、歯の定期的なチェックはおこないましょう。

歯を磨くことも大切ですが、虫歯菌を元気にさせないような生活習慣と、定期的な歯のチェックをおすすめします。